• トップ
  • 読みもの
  • 着こなしTPO年中行事お客様の声
  • バッグや草履含めてトータルでおしゃれに|母と娘の振袖物語Vol.7

バッグや草履含めてトータルでおしゃれに|母と娘の振袖物語Vol.7

成人式に相応しいバッグと草履

母と娘と綴る振袖物語も最終回となりました。

白生地選びから、お色をお選びいただき、御紋のご提案からデザイン起こし、染め上がってから袋帯をお選びいただき、刺繍の半襟、帯締めと帯揚げ、そして、最後は飾るのは、バッグ&草履です。

お着物は、バッグや草履を含めてトータルでおしゃれを楽しみます。

どんなに素敵なお召し物でも、草履が合わなかったり、バッグが相応しくなかったりすると、台無しになってしまうので、私どもも慎重になります。

丸やでは、今回もお嬢様のお好みに合わせて、3パターンのバッグ&草履セットをご用意させていただき、選んでいただきました。

 

選ぶ基準は、振袖に相応しく華やかであること、色合いが着物に合っていること。そして、着物や帯を引き立たせてくれるものです。


お嬢様には、今まで一つ一つ、時間をかけてお決めいただきましたので、お召しになった時の雰囲気をイメージしていただけているかと思います。

 

少し大人びたバッグ&草履セット。

 

帯に合わせた黒色と朱を中心にしたバッグと草履セット。

そして最後は、もっとも華やかで成人式らしいバッグと草履セット。

以上、3パターンをご提案し、お選びいただきました。

お嬢様は一目見て、最後にご提案したバッグと草履セットをお選びになりました。

お母様曰く、「とても好みで、思い描いていたバッグと草履だったみたいです。」と嬉しいお言葉をいただきました。

 

お嬢様の思いをお母様が見守り、完成した振袖。

前撮りも素敵なところをご予約されたとのこと、お嬢様もお母様もとても喜んでいただきました。

一生に一度、大切なお嬢様の成人式のお手伝いをさせていただけ、とても幸せでした。

Tさま、ご縁をありがとうございました。

この記事を書いた人

  • facebook
  • twitter
  • instagram

谷 加奈子

丸や呉服店 代表

東京都出身。 大学卒業後、大手メーカーのSEとして就職。 1995年、東京・大田区西蒲田に店を構える1926年創業の「丸や呉服店」の三代目として 家業に入る。2016年、着物をファッションだけではなく、もっと広い意味で伝えたく、「表に立つ人を輝かせる」という想いを載せて一般社団法人「着物道」を設立。
代々受け継がれてきたノウハウを生かして 「自分に似合う着物がわからない・・・」と いう悩みや「キレイに着るコツ」 など、着物 雑誌「七緒」「きものサロン」を始め、新聞や テレビ・ラジオなど多岐にわたって「着物生活」 の専門家として活躍中。

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら