成人式の袋帯を地味にリメイク

袋帯も蘇る!

成人式の振袖と帯には、どなたも愛着をお持ちでいらっしゃいます。

大好きな着物たちを引き継ぐ人がいないと寂しく思っていらっしゃったお客様からご依頼をいただき、この先もお召しいただけるようリメイクさせていただきました。

とても華やかなオレンジ色だったこちらの袋帯、大好きなお柄だったので、大事な場面で、度々登場され、長くお締めいただきましたが、流石にもうこのお色はお召しになれないということで、お客様と相談の上、先々までお締めいただけ、かつ、お持ちのお着物にあうよう、こちらのお色をかけさせていただきました。

そして、染め上がったお色がこちらになります。

オレンジの色も落ち着き、柄もより一層映え、お客様にも喜んでいただきました。

丸やでは、このようにお客様のご要望にお答えできるよう、色々な買う度からご提案させていただいております。

大切にされてきたお着物をもっと長く活用してみませんか?

いつでもご相談ください。

この記事を書いた人

  • facebook
  • twitter
  • instagram

谷 加奈子

丸や呉服店 代表

東京都出身。 大学卒業後、大手メーカーのSEとして就職。 1995年、東京・大田区西蒲田に店を構える1926年創業の「丸や呉服店」の三代目として 家業に入る。2016年、着物をファッションだけではなく、もっと広い意味で伝えたく、「表に立つ人を輝かせる」という想いを載せて一般社団法人「着物道」を設立。
代々受け継がれてきたノウハウを生かして 「自分に似合う着物がわからない・・・」と いう悩みや「キレイに着るコツ」 など、着物 雑誌「七緒」「きものサロン」を始め、新聞や テレビ・ラジオなど多岐にわたって「着物生活」 の専門家として活躍中。

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら