夏にむけて、竺仙の江戸小紋

夏でも大活躍な江戸小紋

丸やでは、江戸時代から受け継がれてきた伊勢型紙を使って、昔ながらの染めを守っている竺仙の江戸小紋をご紹介しています。

今回は、夏バージョン。

夏物の江戸小紋を見る機会が少なくなってますが、竺仙では、毎年、夏物も染めています。

染師は、現代の名工・根橋秀治氏。

新宿高田馬場に生まれ、初代から3代まで信州長野で藍染めを専門とし、その後、東京に戻り、秀治氏で5代目となります。

 詳しくは、こちらをご参照下さい。

 

秀治氏の技法は、引き染めになります。
この染め方は、板に貼った生地の上に型紙をのせて、刷毛で糊を置きます。
その後で生地に色を引いていくという方法です。

小紋染めは、「しごき染」技法という、型紙を置いた上から、染料を混ぜた地色糊をヘラで塗りつけるという技法が一般的です。

なぜならば、糊を引く作業と色を染める作業を分ける「引き染め」は、手間が掛かるからなのです。

でも、この手間が、独特な深みと柔らかみのある色を演出することが出来るのです。

 

染め上がった江戸小紋を、一反一反、広げてみると、丁寧に染められていることが、よくわかります。

 

丸やでは、5月末まで、店頭でご覧いただけます。

また、この柄をこの色で染めて欲しいなあ~というお誂えも承っております。

 

画像でもご紹介できますので、お問い合わせ下さいね。

 

※丸やでは、毎日の消毒を徹底しながら、営業時間を11時~18時に短縮して継続させていただいております。

 

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら