• トップ
  • 読みもの
  • 季節の新作紹介着物の豆知識
  • 心を豊かにする「日本の文様~羊歯文」

心を豊かにする「日本の文様~羊歯文」

「羊歯」と書いて、「シダ」と読みます。

3月最後の日、皆さまはいかがお過ごしですか?ニュースでは、色々な情報が飛び交い、心が沈みそうになりますが、少しでも着物が、心の栄養になっていただけたらと思い、日本人の智恵を思い出しながら、文様の意味をお伝えしていこうと思います😉

春は、さまざまな木々が芽吹く季節ですね。今年は冬が暖かかったため、山菜の時期も早く、食卓にのぼっていることと思います。

今日、ご紹介するのは、羊歯(しだ)柄の染め帯です。

「羊歯(シダ)」とは、シダ類に属する総称で、春に芽吹くものが多い植物です。
シダは、漢字で「羊歯」と書きますが、それは、若芽が羊の角のように巻いているように見えるからだと言われています。

羊歯植物は、葉の裏側に胞子を作り、花や種がないことから、「霊草」といわれていました。「霊草」とは、神仏の加護を受けられるめでたい草のこと。なんだか、それだけでも、とてもありがたい気持ちになりますね。

しかし、羊歯には、まだまだ意味があります。
解熱や下痢止め、胃腸薬など薬草として使われていたこと
そして、ぐんぐん育ち、生命力にあふれた姿は、私たちに生きる力を与えてくれたことと思います。
だからでしょうか、日本では、古来より繁栄や長寿を意味する植物として、「共に白髪が生えるまで」の意味を持つ「裏白」が、お正月に飾る鏡餅や、しめ縄などの飾りに使われてきだのです。

日本人は、柄に意味を持たせ、己を、大切な人々を見えない力で守ってきました。
「羊歯柄」が、少しでも、心のお力になれれば幸いです💕
一日も早い収束を願いつつ、皆さま、どうぞご自愛下さい❣️
着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら