夏着物は何を基準にして選びますか?

便利、着心地、どちらを選びますか?

今年は、5月に夏着物を着たいほど暑くなり、6月は衣替えしたら、涼しくなったり、と天候が不順なようです。

これからの時期に着る着物をどう選んだらよいか、悩まれる方も多いことと思います。

汗をかくので、洗える着物が良い・・・とおっしゃる方
涼しく着心地が良いものを着たい・・・とおっしゃる方

洗える着物には、化学繊維以外に、木綿と麻の着物があります。

そこで、それぞれのメリット・デメリットをここでご紹介したいと思います。

◆洗える着物

①化学繊

メリット:汗をかいたら洗濯機で洗えること。シワが気にならないこと。
デメリット:カラダに熱がこもりやすく暑いこと。

②木綿の着物

メリット:汗をかいたら洗濯機で洗えること。汗をよく吸ってくれること。
デメリット:多少シワが気になること。汗が逃げにくいので、少し暑さを感じること。

③麻の着物

メリット:汗をかいたら洗濯機で洗えること。汗がつきにくいのでサラッとしていること。たたんで、霧をふいて押しをすれば一晩でシワがのばせること。
デメリット:シワが気になること。

着物は、何枚も重ねるために夏着物であっても空気の層ができます。
空気の層に風が通れば涼しく感じ、無風状態であればムレた感じになります。

 

洗えないですが、正絹の着物は、絽よりも紗の着物のほうが、風がカラダを通り抜ける感覚があるので、涼しく感じます。

 

それぞれに、メリット・デメリットがあるので、ご自身が最も気になる点を中心に選ばれるとよいかと思います。