• トップ
  • 読みもの
  • 着こなしTPO着物の基本着物の豆知識
  • 夏着物は何を基準にして選びますか?

夏着物は何を基準にして選びますか?

便利、着心地、どちらを選びますか?

今年は、5月に夏着物を着たいほど暑くなり、6月は衣替えしたら、涼しくなったり、と天候が不順なようです。

これからの時期に着る着物をどう選んだらよいか、悩まれる方も多いことと思います。

汗をかくので、洗える着物が良い・・・とおっしゃる方
涼しく着心地が良いものを着たい・・・とおっしゃる方

洗える着物には、化学繊維以外に、木綿と麻の着物があります。

そこで、それぞれのメリット・デメリットをここでご紹介したいと思います。

◆洗える着物

①化学繊

メリット:汗をかいたら洗濯機で洗えること。シワが気にならないこと。
デメリット:カラダに熱がこもりやすく暑いこと。

②木綿の着物

メリット:汗をかいたら洗濯機で洗えること。汗をよく吸ってくれること。
デメリット:多少シワが気になること。汗が逃げにくいので、少し暑さを感じること。

③麻の着物

メリット:汗をかいたら洗濯機で洗えること。汗がつきにくいのでサラッとしていること。たたんで、霧をふいて押しをすれば一晩でシワがのばせること。
デメリット:シワが気になること。

着物は、何枚も重ねるために夏着物であっても空気の層ができます。
空気の層に風が通れば涼しく感じ、無風状態であればムレた感じになります。

 

洗えないですが、正絹の着物は、絽よりも紗の着物のほうが、風がカラダを通り抜ける感覚があるので、涼しく感じます。

 

それぞれに、メリット・デメリットがあるので、ご自身が最も気になる点を中心に選ばれるとよいかと思います。

 

この記事を書いた人

  • facebook
  • twitter
  • instagram

谷 加奈子

丸や呉服店 代表

東京都出身。 大学卒業後、大手メーカーのSEとして就職。 1995年、東京・大田区西蒲田に店を構える1926年創業の「丸や呉服店」の三代目として 家業に入る。2016年、着物をファッションだけではなく、もっと広い意味で伝えたく、「表に立つ人を輝かせる」という想いを載せて一般社団法人「着物道」を設立。
代々受け継がれてきたノウハウを生かして 「自分に似合う着物がわからない・・・」と いう悩みや「キレイに着るコツ」 など、着物 雑誌「七緒」「きものサロン」を始め、新聞や テレビ・ラジオなど多岐にわたって「着物生活」 の専門家として活躍中。

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら