【帯屋捨松】欧州装飾花文

春からは中間色でコーディネート

今日、ご紹介する帯は、「欧州装飾花文」

帯地の色にもこだわりを持っている捨松さん。

黒色ではなく、茶系のような、紫系のような、何ともいえない中間色の地の色に、赤・紫・青・黄緑・桃色・からし色に燻し金と、ハッキリした色を多色使って調和させているところが、捨松さんの個性。

捨松さんだから出せる色がこの帯に凝縮されているように思います。
 

今日のコーディネートは、若菜色の野口の小紋と合わせてみました。

価格など詳細はお気軽にお問い合わせください 。