【帯屋捨松名古屋帯】近東華文

藤色とブルーグレーの相性

今日、ご紹介する帯は、「近東華文」

パーティーに締めたくなるような華文。

「近東」とは、オスマン帝国(欧州部分を除く)の領域に含まれる地域、現在のエジプト、トルコ、シリア、イラク、南コーカサスなどをいいます。

近東の柄に、日本が得意とする中間色を合わせたこちらの帯。

帯締めによって春でも冬でもお締めいただける、優れもの。

着物の色を選ばずにお締めいただけるので、オススメです。

 

今日のコーディネートは、野口の桜ネズ色の飛び柄小紋と・・・

春色系の着物も引き立ててくれます。


価格など詳細はお気軽にお問い合わせください 。