【帯屋捨松名古屋帯】彩つる花文

紫の色が素敵な帯

今日、ご紹介する帯は、「彩つる花文」

とてもキレイな色の組み合わせの帯です。

捨松さんの色の選び方は、とてもとても素晴らしく、驚かされたことがあります。それだけでなく、捨松さんの工房にお邪魔すると、色糸の数の多さにもとても驚かされます。

糸を管理する棚には、どれだけの色があるのでしょうか・・・

色の束にはそれぞれに番号が振られ、同系色の色ごとに分けられてはいるものの、熟練の方でないと、管理するのも大変なほどです。

独特の世界を持っている捨松さんだからこその色合いがこの帯にも感じられますね。

多色使いでも調和よく、それぞれが協調している・・・
さすがとしかいいようがありません。
 

着物の色を選ばずにお締めいただけるので、オススメです。

 

今日のコーディネートは、水色の飛び柄小紋と・・・

寒色系の着物も引き立ててくれます。


価格など詳細はお気軽にお問い合わせください 。