【帯屋捨松名古屋帯】吉祥扇文

締めるとわかる帯の存在感

今日、ご紹介する帯は、「吉祥扇文」

お太鼓の中心には扇文、そのまわりに梅と竹と鞠。

使われているお色は、捨松さんにしては、めずらしく優しい色目の名古屋帯ですが、そこはさすが捨松さんです。

帯を立てると、立体感が出て、柄が浮き上がってきます。

優しい色目でも帯の存在感をしっかり出してくる。

よい帯は、優しい色目でも存在感が違います。

 

飛び柄小紋・江戸小紋・色無地にはもちろん、全体柄の小紋にも合わせられるので、オススメです。

 

今日のコーディネートは、鴇色の野口の小紋と・・・

優しい色合いで、春らしさを演出しました。


価格など詳細はお気軽にお問い合わせください 。