【野口の小紋に東京染め帯】春爛漫

年齢に応じた組み合わせ

あっさりした小紋が多い中、野口の小紋は、やはり存在感が違います。

薄紫に山吹色、そして水色と色数は少なく、色合いも抑えているのに、花々が生き生きと描かれていることで、とても動きのある柄となり、存在感のある小紋になっています。

 

着物だけをみると、文様の締める割合が多いので、一見派手に見えるのですが、鏡にあててみると、色合いを抑えていることもあり、帯によって年齢を合わせることができ、幅広い方にお召しいただける小紋になっています。

 

今回は、小紋の色合いと帯の文様の色合いがぴったりな紫色の帯を合わせました。

こちらの柄は、「雲流」

春の空に雲が風になびき、花々が揺れ動く姿から、柔らかい日差しの中で、春の風を感じていただけたら嬉しいです。


価格など詳細はお気軽にお問い合わせください