• トップ
  • 読みもの
  • 季節の新作紹介
  • 【七宝付下げ小紋と川島織物織名古屋帯で春を祝う】

【七宝付下げ小紋と川島織物織名古屋帯で春を祝う】

格のある織名古屋帯

名古屋帯には色々な種類がありますが、最近は、「袋帯では?」と思うくらい、格のある名古屋帯が増えて参りました。

それに伴ってというわけではありませんが、

帯の比翼仕立て 無双仕立て

という仕立かたにして、袋帯に見立てて二重太鼓に見せてお締めになる方も増えております。

帯の比翼仕立てと、無双仕立てとは・・・

比翼仕立ては、耳部分(帯の端)だけを二重にする仕立かた。
無双仕立ては、もう一枚の生地で太鼓部分全体を二重にする仕立かたをいいます。

このようにして名古屋帯を擬似的に二重太鼓に見せることができるのです。

色々と工夫することで、着物と帯の幅が広がりますね。


ご紹介の帯も比翼仕立で袋帯のようにすることもできる柄。

クリーム色・水色・銀ネズ色にも合わせていただけ、着物の色で年齢を表現することができる長くお締めいただきたい帯です。


価格など詳細はお気軽にお問い合わせください。