羽織紐の選び方

着物選びは何から始めますか?

昨年より、男性の着物率が丸やでも高まっております。

丸やのお客様は、パーティーや結婚式にお召しになる方が多いので、お選びになるのは、柔らかもの、または御召が中心になります。

柔らか物は、絞りや江戸小紋をご提案していますが、その場合には、色・柄と選択肢が多いのですが、先染めで作られている御召は、ある程度色が決まっています。

とはいえ、米沢と西陣では、色の違いがあり、御好みによって選ぶことができます。

江戸小紋は、小紋三役であれば、色無地と同じ格になります。

絞りは、どちらかといえばオシャレを楽しむ方にオススメです。

 

着物の種類は、どんなところにお召しになりたいかで変わってきますので、まずはそこを中心に考えられると良いと思います。

目的が決まれば、着物の種類が決まります。
そして、着物の色を選び、次に羽織、羽裏、帯、長襦袢の順番で選んでいただきます。

トータルが決まったら、一番最後に羽織紐を選んでいただく。。。という流れになります。

羽織紐は、角帯の次に大切なポイントになります。

なぜならば、羽織紐ひとつで、コーディネートの良し悪しが決まってくるからです。

かっこよくもやぼったくもなる羽織紐。

みなさんは、この中でどれが一番お好みですか?

 

この記事を書いた人

  • facebook
  • twitter
  • instagram

谷 加奈子

丸や呉服店 代表

東京都出身。 大学卒業後、大手メーカーのSEとして就職。 1995年、東京・大田区西蒲田に店を構える1926年創業の「丸や呉服店」の三代目として 家業に入る。2016年、着物をファッションだけではなく、もっと広い意味で伝えたく、「表に立つ人を輝かせる」という想いを載せて一般社団法人「着物道」を設立。
代々受け継がれてきたノウハウを生かして 「自分に似合う着物がわからない・・・」と いう悩みや「キレイに着るコツ」 など、着物 雑誌「七緒」「きものサロン」を始め、新聞や テレビ・ラジオなど多岐にわたって「着物生活」 の専門家として活躍中。

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら