羽織紐の選び方

着物選びは何から始めますか?

昨年より、男性の着物率が丸やでも高まっております。

丸やのお客様は、パーティーや結婚式にお召しになる方が多いので、お選びになるのは、柔らかもの、または御召が中心になります。

柔らか物は、絞りや江戸小紋をご提案していますが、その場合には、色・柄と選択肢が多いのですが、先染めで作られている御召は、ある程度色が決まっています。

とはいえ、米沢と西陣では、色の違いがあり、御好みによって選ぶことができます。

江戸小紋は、小紋三役であれば、色無地と同じ格になります。

絞りは、どちらかといえばオシャレを楽しむ方にオススメです。

 

着物の種類は、どんなところにお召しになりたいかで変わってきますので、まずはそこを中心に考えられると良いと思います。

目的が決まれば、着物の種類が決まります。
そして、着物の色を選び、次に羽織、羽裏、帯、長襦袢の順番で選んでいただきます。

トータルが決まったら、一番最後に羽織紐を選んでいただく。。。という流れになります。

羽織紐は、角帯の次に大切なポイントになります。

なぜならば、羽織紐ひとつで、コーディネートの良し悪しが決まってくるからです。

かっこよくもやぼったくもなる羽織紐。

みなさんは、この中でどれが一番お好みですか?