• トップ
  • 読みもの
  • お客様の声着こなしTPOシーン別お茶会・お稽古の着物
  • 海外からのお客様

海外からのお客様

茶名披露に備えて

1年に1回~2回、ご来店くださるSさま。

今回は、来年の茶名披露のためのお着物をお納めさせていただきました。

ご依頼をいただいたのは昨年のこと。

今度、茶名を拝受することとなり、色無地を新しくされたいと、ご依頼をいただきました。

お茶の世界は、お付きになっている先生にも寄りますが、やはり色無地がメインとなります。
茶名をいただくとは、一つの区切りであり、とてもおめでたいこと。
社中(同門)やお世話になった方々にお披露目をする慣わしになっています。

お祝いの席でお召しになられるということで、地紋は宝尽くしを選ばせていただき、お色も明るいお色をご希望でしたので、玉子色をお選びくださいました。

袋帯は、お手持ちの着物にも合い、かつ新しい感覚の桝屋高尾の「李朝螺鈿唐草」の袋帯を合わせさせていただきました。

こちらの帯は、地の色が墨色なので、柔らかみがあり、それでいて、螺鈿風にブルー色の光沢を持っている、存在感のある帯です。

来年のお披露目が今から楽しみですね。
 

投稿の許可をお客様よりいただいております。

 

 

この記事を書いた人

  • facebook
  • twitter
  • instagram

谷 加奈子

丸や呉服店 代表

東京都出身。 大学卒業後、大手メーカーのSEとして就職。 1995年、東京・大田区西蒲田に店を構える1926年創業の「丸や呉服店」の三代目として 家業に入る。2016年、着物をファッションだけではなく、もっと広い意味で伝えたく、「表に立つ人を輝かせる」という想いを載せて一般社団法人「着物道」を設立。
代々受け継がれてきたノウハウを生かして 「自分に似合う着物がわからない・・・」と いう悩みや「キレイに着るコツ」 など、着物 雑誌「七緒」「きものサロン」を始め、新聞や テレビ・ラジオなど多岐にわたって「着物生活」 の専門家として活躍中。

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら