• トップ
  • 読みもの
  • お客様の声着物のお仕立
  • 【お客様の着姿】人生の節目に着物

【お客様の着姿】人生の節目に着物

年を重ねるほどに美しい

お客様より、「節目の年なので、着物を一式揃えたい」とご依頼いただいたのは昨年のことでした。

どんな着物が記念すべき年に良いのか・・・

お客様の想いをお伺いし、一緒に悩み、そして・・・

特別なときだけでなく、着て出かける範囲の広い着物にしたい・・・お気持ちを一番に考え、ご提案させていただきました。

着物は、矢代仁の330柄の御召。
330柄は、もともと、織見本として550柄ほどあった中から選び、1反の柄にしたもの。
江戸小紋のような文様が織り込まれている、それはそれはめずらしい御召なのです。

風通織になっているこちらの御召は、仕立かたによって付け下げのようにもできるため、幅広くお召しいただけます。

Kさまは、御召の幅広さに共感され、こちらの御召を選んで下さいました。

緑系の色が御好みと伺い、お顔映りもキレイなこちらの色をオススメさせていただきました。

帯は、普段にも着られるように、織名古屋帯をご希望だったので、帯屋捨松の帯を合わせさせていただきました。

「ペルシャ双鳳文」
今回の御召だけでなく、色々なお着物に合わせていただけるので、オススメさせていただきました。

実は、こちらの帯、私が一目ぼれした帯なので、Kさまに選んでいただけてとても嬉しかったです。

おふたりの着姿は、一枚の絵のようで、本当にうっとりしてしまいました。

記念日にこんな素敵な写真を撮れたらいいな~

年を重ねるって素敵ですね。

Kさま、ありがとうございました。

この記事を書いた人

  • facebook
  • twitter
  • instagram

谷 加奈子

丸や呉服店 代表

東京都出身。 大学卒業後、大手メーカーのSEとして就職。 1995年、東京・大田区西蒲田に店を構える1926年創業の「丸や呉服店」の三代目として 家業に入る。2016年、着物をファッションだけではなく、もっと広い意味で伝えたく、「表に立つ人を輝かせる」という想いを載せて一般社団法人「着物道」を設立。
代々受け継がれてきたノウハウを生かして 「自分に似合う着物がわからない・・・」と いう悩みや「キレイに着るコツ」 など、着物 雑誌「七緒」「きものサロン」を始め、新聞や テレビ・ラジオなど多岐にわたって「着物生活」 の専門家として活躍中。

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら