【染め帯】裂取菊草花水色地

ずっと見ていたい染め帯

あっさりした染め帯が多い中、存在感のある友禅を染め帯にした野口。

野口の作品には、1点1点銘が付けられています。

「裂取菊草花」と銘が付けられています。

着物用語では、古代の織物の断片を裂(きれ)といいます。
「裂取り」とは、 異なった裂をおいたように、種々の文様を継ぎ合わせた形の文様のこと。

お太鼓には、色紙絵のように、裂取りした部分は色を付け、藤と菊の花が描かれています。

前の柄には、桜と菊が同じく裂取されています。

春でも秋でもお締めいただける野口の染め帯は、色無地、江戸小紋、小紋など、主張しない着物にオススメです。


価格など詳細はお気軽にお問い合わせください