• トップ
  • 読みもの
  • 着物の豆知識着物の基本冠婚葬祭
  • お嫁入り道具、何を揃えれば良いの?

お嫁入り道具、何を揃えれば良いの?

お嫁入り道具、何を揃えれば良いの?

お客様よりのご依頼・・・お嬢様のお嫁入りとしてのお着物。さて、何を揃えたらよいのでしょう・・・と迷われているご様子。

ご依頼を受けてから、お揃えした黒留袖・色留袖・訪問着・付下げ・喪服。必要と思われる一通りのお着物。お母様がご必要と思われる着物が、毎日揺らいでいきます。

その理由は、嫁いですぐに何を必要とするか・・・

お子様が生まれたら・・・

親戚の結婚式が近い・・・等々、
お考えは色々と頭を巡っているご様子です。

「あちらのお母様はこうおっしゃった」「義理の妹さんのお宮参りでは・・・」「嫁いだ先のお土地柄」色々なことを考慮に入れれば、迷われるのは当然のこと。もちろん、ご予算にも限りがあります。

その中で欠かせないもの・・・お持ちになられたほうがよろしいもの・・・毎日着ることも、お稽古することもない・・・色々なことを考慮すると、お土地柄から「黒留袖」は、ご結婚式に。第一礼装ですから失礼にはあたりません。

お宮参りなどには、「付下げ」でもよいのですが、万が一・・・何かイベント等が合った場合には「訪問着」があれば、全ての事が足ります。
なぜならば、「付下げ」は、重みに欠けてしまうので、どちらかといえば、お茶会向き。そのため、写真写りなど、訪問着よりも少し寂しい感じになります。(付け下げの中には、柄に重みがあって、訪問着のようなものもありますが・・・)
そして「喪服」です。旧家であれば、必需品かと思います。

お嫁入り道具は、嫁ぐ先の環境によっても変わってきます。

また、お召しになる頻度も考慮していただきたいことのひとつ。

迷ったらまずはご相談下さいね!

 

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら