男の子の初着

男の子の初着は5歳でも使えますか?

女のお子様は、初着を3歳にもお召しいただけるようお誂えさせていただいておりますが・・・
 
 男のお子様の場合には、初着を5歳で・・・となると、あまり例がないようです。

かつて、関西では、男のお子様が生まれると、5歳でもお召しになれるよう、お誂えしていました。

初着は、一ツ身、5歳は四ツ身・・・と異なるのですが、昔のお子様は成長がゆっくりだったのでしょうか、一ツ身を5歳のお着物としてお召しになっていたようです。

調べてみると、20年ほど前までは、既製品でも取り扱いがあったようですが、現在はレンタルが増えたからでしょうか・・・生産されていないようです。

需要が少なくなれば、既製品は需要の高い限られたものしか生産しないので、必然的に選択肢は減っていきます。

結論、初着を5歳でも・・・となると、考えられるパターンは、下記の3パターンとなります。

①既製品の初着を小さいことを承知で5歳でも着せる。この場合には、5歳で羽織と袴を揃えなければなりません。ただ残念なことに羽織だけの既製品は作っていないため、お誂えとなってしまいます。

②既製品の5歳用を初着として使う。この場合には、着物は無地となり、紋を付けて初着として使います。5歳のときには、袴を揃えるだけとなります。

③5歳用でお誂え。初着は5歳のときには着物として着ます。お仕立ては、一ツ身ではなく、四ツ身で仕立ます。四丈文の白生地を使いますので、無地でも柄でもお好みでお誂えできます。5歳のときには、袴を揃えるだけとなります。


将来を考えると、②または③がオススメでしょうか・・・

いずれにしても生まれてくるお子様の成長を願ってのこと。お子様に対する思いを込めて、選んでいただけたら嬉しいです。
 

この記事を書いた人

  • facebook
  • twitter
  • instagram

谷 加奈子

丸や呉服店 代表

東京都出身。 大学卒業後、大手メーカーのSEとして就職。 1995年、東京・大田区西蒲田に店を構える1926年創業の「丸や呉服店」の三代目として 家業に入る。2016年、着物をファッションだけではなく、もっと広い意味で伝えたく、「表に立つ人を輝かせる」という想いを載せて一般社団法人「着物道」を設立。
代々受け継がれてきたノウハウを生かして 「自分に似合う着物がわからない・・・」と いう悩みや「キレイに着るコツ」 など、着物 雑誌「七緒」「きものサロン」を始め、新聞や テレビ・ラジオなど多岐にわたって「着物生活」 の専門家として活躍中。

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら