• トップ
  • 読みもの
  • 着物お手入れ・クリーニング着物のお手入れ
  • 【Q&A】着物を借りるということは・・・

【Q&A】着物を借りるということは・・・

知り合いから着物を借りたときの注意点とは

七五三・振袖・・・卒業式の袴・・・とレンタル大流行の時代。レンタル代もバカにならない・・・と友人や親戚から着物を借りる方もいらっしゃると聞きます。
 
先日は、お客様から伺った話から、これは記しておかなければ・・・と思いブログにしました。

それは、借りた着物を着せていただいた所で脱いだあとのこと。

着物を借りた方に携帯で

「お借りした着物、どうしましょうか・・・」
「取りに伺いますよ」
「あっそれならここに置いておきますね」

皆さんは、どう思いますか?

呉服屋・街のレンタル屋さんにて着物を借りた場合、全く気にすることなく(とは語弊がありますが)雨が降っても、シミを付けても、そのまま返却が常。

「あ~あ、シミ付けちゃった!」と思ってもレンタル料を支払っているのですから、その分も料金の内となっているはず。

しかし・・・です。

親戚や友人から借りた場合は違います。

着物の善し悪しや値段にかかわらず、子供や孫のために購入した着物。
お祝いのために用意したものですから、その思いがあります。
お知り合いから借りるということは、その思いも含めて・・・だと私は考えます。

だから、お金ではなく、借りた方に気持ちでお返しすることがマナー。

シミを付けていないと思っていてもお手入れ(汗抜きなど)をしてお返しする。
それもマナーのひとつではないでしょうか。

もしお洋服だったら、どうでしょう・・・
クリーニングをしてお返しすると思うのです。

着物のお手入れが判らなかったら、着物のことを知っている方や、ご近所の呉服屋さんにお尋ねください。

以前、安くすむから・・・と思い、安易に借りた振袖が、汗で色が流れてしまい、悉皆やさんに相談された話しを聞きました。その振袖は、色留めがきちんとされていなかったことが原因なのですが、持ち主の方のときには何も問題が起きなかったため、弁償問題にまで発展してしまった・・・と聞いています。

着物に限らずですが、貸し借りは友人や親戚と信頼関係のもとに成り立つものです。

ご厚意は、大切にしてほしい・・・着物を扱う者として、ちょっと淋しくて・・・ついつい書いてしまいました。

大事に受け継がれてきた着物です。

お借りになるときは、その思いを大切にして下さいね。

わからないときには、何時でもご相談下さい。

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら