袋名古屋帯とは

呉服屋も迷う、帯の名前!

袋名古屋について・・・ちょっと疑問を感じたので、調べてみました。

私たちの間で、日頃、「八寸名古屋帯」と呼んでいる、かがるだけの帯を「袋名古屋帯」といいます。かがるとは、端を縫うことを指します。
実は、かがるだけの帯って色々あるのです。
 
代表的な帯は、綴帯。
こちらも「袋名古屋帯」となります。

綴帯が、袋名古屋帯とは、なんとなく、ピンとこないのですが、、、

昭和50年頃、西陣で「九寸名古屋帯(芯を入れて仕立てる帯)」のことを「名古屋帯」と呼ぶようになり、それに対し、「八寸名古屋帯(芯を入れないで仕立てる帯)」では、わかりにくい・・・という理由で、「袋名古屋帯」と名が付きました。


つまり、帯の種類を名前を変える事によって区別したのです。

 

京袋ってなあに???

更に、ややこしいことに「京袋」と名の付く帯もあります。
この名も昭和55年から60年に付いた名前。
これは、仕立て方で、袋帯のように無地の帯地を裏に付けて仕立てる方法をいいます。

帯の仕立て方にも色々名前がついているのですが、後日、改めてご紹介しますね。

この記事を書いた人

  • facebook
  • twitter
  • instagram

谷 加奈子

丸や呉服店 代表

東京都出身。 大学卒業後、大手メーカーのSEとして就職。 1995年、東京・大田区西蒲田に店を構える1926年創業の「丸や呉服店」の三代目として 家業に入る。2016年、着物をファッションだけではなく、もっと広い意味で伝えたく、「表に立つ人を輝かせる」という想いを載せて一般社団法人「着物道」を設立。
代々受け継がれてきたノウハウを生かして 「自分に似合う着物がわからない・・・」と いう悩みや「キレイに着るコツ」 など、着物 雑誌「七緒」「きものサロン」を始め、新聞や テレビ・ラジオなど多岐にわたって「着物生活」 の専門家として活躍中。

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら