雨の日には草履カバー

供えあれば憂い無し!

梅雨の時期、大事な行事を控えて、雨が降るのか・・・降らないのか・・・止むのか・・・止まないのか・・・と、天気予報は気になるし、空とはにらめっこ。
 
雨の草履を持っていても、結婚式の時などには、そのまま履いているわけにもいかないもの・・・どうしたものかしら・・・とみなさんお悩みのことと思います。

車で出掛けるのなら、いつもの草履を履いていってしまうのですが、電車となると、やはり、もうひとつ草履を持つか、草履カバーを付けて出掛けるかの選択になります。


荷物になるのはイヤ!
雨が降りそうで心配!
という方にオススメしているのが、「草履カバー」です。
この「草履カバー」、簡単に付けて仕舞うことができるので、便利なのですが・・・少々歩きにくいのが難点。とはいっても草履が濡れてしまっては大変です。
 
供えあれば憂い無し!
 
前日に慌てないためにも、携帯用としてお持ちになっていることをオススメします。