2015年7月19日 新報道2001

7月19日(日)に放映された新報道2001にて、西陣から離れた観点でコメントいただきたいとのことで、西陣織の手織りと機械織について、簡単にご説明させていただきました。現在、西陣の手織りには欠かせない杼(ひ)の職人は長谷川淳一さんただ一人になっています。後継者もいないことから、いつかは消えてしまう技術・・・どうにか残せないものか・・・と思うのですが、需要がなければ残すことも難しいのが現状です。これもまた、日本の物づくりの姿なのかもしれませんね。

この記事を書いた人

  • facebook
  • twitter
  • instagram

谷 加奈子

丸や呉服店 代表

東京都出身。 大学卒業後、大手メーカーのSEとして就職。 1995年、東京・大田区西蒲田に店を構える1926年創業の「丸や呉服店」の三代目として 家業に入る。2016年、着物をファッションだけではなく、もっと広い意味で伝えたく、「表に立つ人を輝かせる」という想いを載せて一般社団法人「着物道」を設立。
代々受け継がれてきたノウハウを生かして 「自分に似合う着物がわからない・・・」と いう悩みや「キレイに着るコツ」 など、着物 雑誌「七緒」「きものサロン」を始め、新聞や テレビ・ラジオなど多岐にわたって「着物生活」 の専門家として活躍中。

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら