八寸帯と九寸帯の違い

涼しさを求めますか?

名古屋帯には、2種類の幅があります。

 

呉服用語で、八寸、九寸という言葉を耳にしたことはありませんか?

着物や帯の長さは、最近ではセンチで現すところが増えていますが、昔ながらのものさしを使用しているお店は、尺・寸・分で表しています。

つまり、八寸・九寸は、帯の幅(サイズ)のことを指します。

八寸幅の帯は、帯芯を入れずに仕立て、九寸幅の帯は、帯芯を入れて仕立てます。

そのため、夏の場合は、帯芯が入るか入らないかで、暑さに対するカラダの感じかたが違ってきます。

 

極端に暑がりの方は、特に重なりの多い帯の部分が、汗の原因となるために、「できる限り、涼しく」を中心に夏帯を選ばれるので、八寸幅の帯を選ばれる方が多いです。


基本、染め帯は九寸帯、織り帯は八寸帯と九寸帯の2種類があります。

夏帯をお選びになるときには、その点も考慮に入れるとよいと思います。


どっちなのかな~と思われたら、お問い合わせ下さいね。


 

 

 

この記事を書いた人

  • facebook
  • twitter
  • instagram

谷 加奈子

丸や呉服店 代表

東京都出身。 大学卒業後、大手メーカーのSEとして就職。 1995年、東京・大田区西蒲田に店を構える1926年創業の「丸や呉服店」の三代目として 家業に入る。2016年、着物をファッションだけではなく、もっと広い意味で伝えたく、「表に立つ人を輝かせる」という想いを載せて一般社団法人「着物道」を設立。
代々受け継がれてきたノウハウを生かして 「自分に似合う着物がわからない・・・」と いう悩みや「キレイに着るコツ」 など、着物 雑誌「七緒」「きものサロン」を始め、新聞や テレビ・ラジオなど多岐にわたって「着物生活」 の専門家として活躍中。

着物シミ抜き

他店で落とせなかった着物のシミお任せください!

創業大正15年。着物を知り尽くした職人を抱えている丸やだからできるシミ抜きの技。他店よりもリーズナブルで、より丁寧に着物クリーニングさせていただきます。着物のシミにお困りのときはぜひご相談下さい。
お問合せはこちら