着物専門店「丸や呉服店」着物専門店「丸や呉服店」
  HOME  丸やについて  取扱商品  アクセス  店長ブログ  着物豆知識

----------------------------------------------------------------------

◇◆◇[楽焼]◇◆◇

 そろそろ秋を迎え、静けさの中、和室で御抹茶などいただきたい気分

 御抹茶といえば、「楽焼」・・・持った手から伝わってくるぬくもりは・・・

----------------------------------------------------------------------

茶の湯のために作られた茶道具、「楽焼」。

日本の美、侘びさびの世界をあらわした茶道具たち。

今回は、日本人が作り出した美の世界、「楽焼」をお届けします。

みなさん、「楽焼」という「やき物」をご存知ですか?

日本独特のやき物で、 手捏 (てづく)ねで成形し、低火度で焼いた軟質の陶器のこ

と。 茶の湯のためだけに作られているものです。

独特といってもピンとこないので、補足説明を・・・

まず、中国や朝鮮のやき物は、素焼きをしません。陶土や磁土を轆轤(ろくろ)

台の上にのせ、形を作っていきます。形ができると陰干しして、ある程度乾いて

から、染付けをしたりします。

ところが、「楽焼」は、まず轆轤を使いません。陶土を練り上げて丸い板にのせて、

形を作っていきます。適度に乾かして固まると竹や鉄の箆(へら)で削って仕上

げ、窯に入れて素焼します。

轆轤を使わないこと、素焼すること、これが独特だったのですね。

では、その歴史をたどっていきましょう。

「楽焼」は、桃山時代、楽家初代「長次郎」によって始められました。どの当時、

京都を中心に中国河南地方の三彩釉(さんさいゆう:緑・青・茶の釉(うわ)薬)

を使ったやき物が焼かれ始めていました。

長次郎の父、帰化人・阿米也(あめや)は、中国から三彩陶の技法を伝えた人物

といわれています。その息子である長次郎は、もともと瓦職人。茶人・千利休と

の出会いによって茶の湯の世界へと入っていったのです。

その頃、茶の湯も侘びへと世界が進んでおり、三畳台目(さんじょうだいめ)以

下の小さい茶室が作られ始めていました。しかし、小さい茶室には、それまで使

っていた天目茶碗はふさわしくない、また高麗(こうらい)茶碗でも雰囲気にそ

ぐわない・・・と感じていた千利休は日本で小さい茶室にあった茶碗を作りたい

と考えたのでした。

高麗茶碗  →  http://www.kimono-maruya.com/mv/?87

天目茶碗 →  http://www.kimono-maruya.com/mv/?88

そこで、依頼したのが「長次郎」というわけです。

長次郎は、千利休の指導のもと、抹茶茶碗を作るようになったのです。

これが「楽焼」の始まりです。

しかし、その当初、「楽茶碗」とは呼んでいませんでした。

最初の呼び名は「今焼き茶碗」。「今焼き」とは、「今までにない新しい茶碗」とい

う意味です。斬新な茶碗だったことが伺えますね。

そんな「今焼き茶碗」が、「楽茶碗」と呼ばれるようになったのは、どうしてでし

ょう。ここで、登場するのが、豊臣秀吉です。

その頃、秀吉は京都での生活のために華麗壮大な邸宅・聚楽第(じゅらくだい)

を建設。建設とともに、聚楽第からは膨大な土が出たのです。そこで、その土を

使って秀吉が茶碗を焼かせた・・・つまり、「聚楽第の焼き物」とだったのです。

その証拠に秀吉は、長次郎のあと 2代目常慶(じょうけい)に「楽」の字の金印

を賜り、それ以来、「楽」を家号として「楽焼」としたのです。

(聚楽第には、千利休の邸もあったのですよ!)

ただ、聚楽第の土を使ったのは三代目道入(のんこう)までとのこと。聚楽第は、

お世継ぎ争いによって、後に取り壊されています。(そのお話は、またの折に)

いかがでしたか?「楽焼」は、お茶を習っていらっしゃらないと、なかなか触れ

る機会の少ない焼き物ですが、その中には、深い歴史が刻まれていたのですね。

千利休の茶の湯に対する思いから生まれた「楽焼」。日本独特の焼き物は、「楽家」

によって、只今、十五代続いています。

また、ご覧になりたい方は、京都では「楽美術館」、東京では、 11月12日まで三

井記念美術館にて「楽焼」を観ることができます。どうぞ、お出かけになってく

ださいね。

三井記念美術館  →  http://www.kimono-maruya.com/mv/?89

楽美術館 →  http://www.kimono-maruya.com/mv/?90

◇◆◇ [楽焼]といえば何を思い出しますか ◇◆◇

「楽焼」といえば、初めてその茶碗に出会ったときのことを思い出します。それ

はお茶のお稽古。最初は、薄茶のお稽古から始まりますが、先輩方のお稽古で濃

茶をいただくことがあります。

御抹茶といえば、その当時、薄茶しか知らない私にとって濃茶の存在を知ってあ

る種の感動がありました。

濃茶とは、薄茶(一般的によく飲まれるお茶)の前にいただくお茶です。

主菓子(おもがし:練りきりなどの生菓子のこと)をいただいてから、ひとつの

お茶碗にお客様の人数分(だいたい3〜5人)をまとめて練り、みんなでまわし

て飲みます。薄茶の約3倍の抹茶を茶筅(ちゃせん)で練るため、かなりドロ ッ

としています。

そのときのお茶碗が「楽茶椀」なのです。

初めて見たお茶碗は、お稽古用でしたが、黒い茶碗。手にズシッとくる感じなの

ですが、なぜか暖かさを感じる・・・今までに味わったことのない感触でした。

「楽茶碗」には、黒楽と赤楽があります。

黒楽は、昔は素焼きの上に加茂川黒石を使った釉を塗り、陰干しして更に塗り・・・

と数十回繰り返し塗ってから、加茂川黒石を使った釉薬は、 1000度位の温度でじ

っくり時間をかけて焼成されます。現在は 1250度位で焼いているようです。

そして赤楽は、唐土(とうのつち 鉛釉)に長石分を混ぜた半透明の白釉を赤い

聚楽土の上にかけています。最近は、白素地に黄土で化粧がけした上に透明な楽

釉をかけているようです。焼く温度も 800度くらいの低温。短時間で焼成されま

す。

黒楽と赤楽、どちらも手の中のぬくもりは変わりませんが、濃茶の緑とマッチし

て、新たな美しさを感じる茶碗です。今では、なかなか濃茶を飲む機会がありま

せんが、小さい茶室で静けさの中、黒楽で飲んだ濃茶の思い出は今でも思い出で

す、千利休が作り出した世界「楽焼」。きっと、これからも生き続けていくのです

ね。そんな世界を身近に味わえる、日本人でよかった〜と思う瞬間です。

 

 

 

 

Web

kimono-maruya.com

 

QRコードから簡単アクセス対応機種をお持ちの方は バードコードを読み取るだけで簡単にアクセスできます
※ご利用頂けない機種もございます

 

 

 

ページの上へ戻る                                                      着物丸やトップへ戻る

お問合せ 販売法表記 規約 ご注文の流れ リンク集
Copyright(c) 着物専門店「丸や呉服店」 All Right Reserved